Por favor embora seja uma vida diaria tedious.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
妬み、嫉み、自己顕示欲


1000年に一度あるかないかという
未曾有の大惨事が起きてからもうすぐ一ヶ月です。

天災なのか、人災なのか、わかりませんけれども
わたしは運よくこの災害で被害を被ることもなく、
相変わらずぼんやり過ごしています。
あまりにもぼんやりし過ぎたせいか、
区から区民税を払わないと財産を差し押さえる、
という警告がきたので、
しぶしぶコンビニで払ってきました。

つか、日々のことはTwitterでつぶやいてるので、
特に書くこともないな・・・・・・
あ、吉高が出る婚前特急は見に行こうと思ってます。

世間は新年度なんですよね。
外を歩けば桜もちらほら。
わたしの最近の夢は原発で働くことです。
わたし、やりたいことはもう全部といって良いほどやり遂げたんですよ。
ほんとに。
だからこれからの人生別に悔いも
本当に残ってなくて、
わたしには守るべきものもないし、
いなくなったとて悲しむ人もいない。
子供は産むつもりは当初からない。
でも未経験未知識の女が行ったところで
役にたたないのはわかってるので、
だったら屋内退避指示出されてるとこでボランティアとか。
他の原発でもいいです。
最後くらい、誰かのためになりたいな、
と本当思うんです。
特に、誰もやりたくない、行きたくないところに行きたい。
じゃなきゃ意味がない。
わたし、戦時中なら率先して特攻志願してたと思う。
いやリアルに。

そのためにも、早く元気にならねばね!
ヨシ、ジム行ってこよ〜。
/ 13:53 / 日々 / comments(0) / - /
毎日かあさん&GANTZ


わたしの憧れの夫婦は、大概、“元夫婦”になります。

永瀬正敏と小泉今日子という憧れの“元夫婦”が共演するということで、
密かに見に行かなくてはいけないな、と思っていたある日。
「セクシーボイスアンドロボ」「Q10」等の河野Pが絶賛していて、
しかも、「絶対に見に行ってください」と言われてしまったので、
なにか、大事なものを共有できる仲間(と、勝手に。すみません)にそう言われたら、
ハズレのはずがない、ということで、
先だって、行ってまいりました。

感想は、書けません。

ずっと、落ち着いたら書こう、書こう、と思っていて、今日になったんだけど、
それでも気持ちがまとまりません。

わたしも片親で育って、親父は生きてるか死んでるかもわからない状況で、
母とはうまくいかず、自分の好き放題に生きて、
新しい家族を作る勇気もなく、ただただ、毎日ぼんやりすごしているなか、

スクリーンの中には、
そこにはちゃんと愛があって、
ダメーなおとうさんと、しっかりもののおかあさんと、
かわいくて元気な子供たちがしっかり歩んでいて、

わたしは、なんだかよくわからなくなりました。

家族ってなんだろうって思いました。

でも、家族っていいな、って思いました。

たぶん、今年、2011年、いちばん素敵な映画じゃないかと思います。
幸いにも評判も大好評とのこと、ロングランが決定しています。
見に行っていない方、是非、劇場で見てきて下さい。



GANTZは期待しないで見に行きました。
エログロアクションなのにジャニタレ使って12禁の時点で、
既に原作とはかけ離れているはずだから。
でも、個人的には結構楽しめました。
原作がなんせグロすぎるので・・・わたしはこのくらいでいい。
二宮(どうせ男性諸君に叩かれ捲くってることでしょうが)も良かったです。
松山くんは、可もなく不可もなくだったかな。

・・・ニノの芝居はやっぱり凄いです。
「私の持論は、人にはそれぞれ役割がある・・・ということです」
と、最初は就職面接用でオドオドした口調で練習していた計が、
戦いを踏むごとにどんどんその台詞が自身に満ち溢れてくる・・・・
この際、もっとニノの狂気と欲望を織り交ぜた芝居を見てみたい。
こんなんじゃ足らねぇよ。
わたしは彼の本気を、もう一度、いや、もっともっと見たいんだ。
見せてくれよ。
「僕はアイドルですから」?
ふざけんな。

ちなみに続編、も、見に行こうと思ってます。


さて、次は何見ようかな。
ソーシャルネットワークは個人的にハマらなそうだけど、
英国王のスピーチは絶対好きなはずだから、
これは見たいな、と思っているのだけれどね。(コリン・ファース大好きだし!)

/ 17:43 / 映画 / comments(0) / - /
めんそーれ3日目


<日曜日>
今日は最後の日。
わたしが本島で一番大好きな、古宇利島へ行く。
ここは沖縄で言う人類発祥の島。
三茶時代、ロケで初めて訪れて、あまりの景観の美しさに一目ぼれをして以来、
沖縄に来たら必ず訪れる場所です。
朝からしとしと降る雨に心配していたのだけど、
島につく頃には晴天!
エメラルドグリーンの美しすぎる海がわたしたちを出迎えてくれる。
でも、前来た時よりもずいぶん観光地化されていて少しショックでした。
いたるところにある「ハブ注意」の看板にびびりつつ、
島内を散策。
幸せです。
ウージの畑と美しい海。ただそれだけしかない島。
でも、これ以降、変に荒れてほしくないな。
このままの自然を、保ってほしいな。

十分に古宇利島を堪能したあとは、高速で一気に那覇国際通りへ。
市場で買った魚をさばいてもらい、食べ、
(ちなみに公設市場で魚を買って食べたりするのは人生初!
 龍が如くと一緒だー!と無駄にテンションアップ)
元先輩やら友達やらの買い物をしまくります。
そして、レンタカーを返し、空港で時間を潰し、東京へ。
あー帰りたくないなーという思いばかりが募る。
でも、乗らなくちゃいけない飛行機。
どうでもいいけど、久しぶりに腕のいいパイロットで、
離陸、および乱気流の対処、着陸すべてにおいてスムーズで。
いいよね、腕のいいパイロット。カッコいい。

3日間、運転しまくって、観光しまくって、超疲れたけど、
やっぱり沖縄は素敵でした。
ただし、翌日、死んだように一日眠り続けたけどね。
ってゆうか、未だに疲れが取れねぇ。
マッサージでも行くかなぁ。
/ 07:33 / 旅行 / comments(0) / - /
めんそーれ2日目


<土曜日>
事前に元同僚に「今日は紅白戦でダルビッシュが登板する」
という情報を得ていたので、
早速国頭球場まで遠征。
しかし、よくわからない渋滞にはまり、ダルの登板を見逃し、
ただ遠めから眺めるというよくわからない結果に終わる。
(ただし劇的にかっこよかった)
でも、日ハムはやっぱりダルビッシュですよね。
世間は佑ちゃんフィーバーだけど、あれは所詮、ですから。
(事実、元職場の元プロたちも、100%駄目、と太鼓判)
まぁ、素人のわたしが見たって、駄目だもんなぁ。そりゃそうだよなぁ。

5回ほど見た後、取材席にいた元同僚に挨拶。
居眠りしながらスコアをつけてる様に、もう、お疲れ様しか言えなくて。
たいへんなお仕事です、ほんと。
「ってか、野球好きだったの?プライベートでキャンプなんて」
と言われ、憤慨(笑)!
好きですよ!だから仕事してたんじゃん!

「明日は佑ちゃん(登板します)です?」
「うん」
「でも別に見なくてもいいですよね」
「まぁ、見るは見るでいいかもね・・・(今だけだし)」
なんて会話をし、
(ホント、佑ちゃんは可哀想。マスコミが変な持ち上げ方をしてるのが本当に。
 でも、イメージを壊すわけにはいかないんだよね。あのハンカチ王子のさ)
バイバイして国頭球場をあとにする。

そのあとは、備瀬のフクギ並木という名所に立ち寄り、
ボロッボロのレンタル自転車を借りて散策。
きれいな海で魚を見たり、貝殻を拾ったり。
レンタル自転車のおじさんに「貝殻こんだけひろいましたよー」なんて報告すると、
「そうか、今度来たときはおじさんがたくさんとっといてやるよ(沖縄弁)」
なんて。
その光景を見てた連れが、
「ってか昨日から思ってたけど、なんで(バリバリの沖縄弁)わかるの?」
と言われる。
・・・なんでだろ・・・・
確かに、訛りはすごいあるけど、わかるんだよね・・・
沖縄通の人、わかりますよね?
やっぱり同じ日本語だからかね。
てか心が伝わってるからわかるんさぁ。

そのあとは美ら海水族館。
ここはね、思ったほどではなかったです、正直。
まぁ、定番は一応訪れとかないと、くらい。
最初は、
「せっかくだからさかなクンと一緒に回りたいなぁ。あの人ギャラいくら?」
「うーん、普通なら1本」
「・・・・払えないわそりゃ・・・」
なんて会話をしてたんですが、
連れが仕事の関係上(水族館の業務もしてるもんで)異常に魚に詳しく、
途中から気持ち悪くなってきて、
「このぐらいできもがってたらさかなクンなんて最悪だよ」
と言われる。
・・・・わたしは普通で良いです。普通で。
ちなみに、写真はくらげです。
くらげといえば、「海月姫」ですよね!→今一番面白いと思う漫画&アニメ。

今晩の夕食は、昨日、知り合った女の子お勧めの鉄板焼き屋さん。
ホテルから程よく近い場所の、めちゃくそおいしいおしゃれなお店を教えてもらって、
ここでも食事を満喫。
こんなに沖縄でおいしいご飯ばかり食べたことないから、すごいテンションアップ!
食事って大切。
そんでもって、沖縄の人って、なんでこんなに優しいんだろ?
/ 06:55 / 旅行 / comments(0) / - /
めんそーれ1日目


金曜日から日曜日まで久々の沖縄に行ってきました。

<金曜日>
まずは那覇の市場内にある三線のお店の工場で、三線を見繕いつつ教えてもらう。
このお店、わたしが初めて18歳の時に行って、
三線を買って教えてもらったお店なんです。
「10年前にも、来たんですよ」
なんて会話をしつつ、
10年前と変わらないやさしいおじさんが、民謡からBOOMまで丁寧に教えてくれて。
ついでに三板(という沖縄のリズム楽器)のやり方も教わり。
おじさんのオリジナル楽曲も聞かせてもらい。
ケースと楽譜をおまけしてもらって。
市場の、観光客が行かない安くておいしい(沖縄)そばのお店まで案内してくれて。
で、またその沖縄そばが本当おいしくて!
350円よ?ありえないうまさ!!

早速沖縄を満喫したあと、
そのまま北上し、浦添のヤクルトキャンプ地へ。
三線に思わぬ以上に時間を割いてしまったため、
球場に着いた頃には元同僚たちはすでに那覇に帰っており・・・
でもそこは元ヤクルトおっかけ。
どうにか誰かとツーショットでも撮りたいな、と待機してたら、
荒木という若手の選手(人気らしい。昔の五十嵐みたいな人気っぷり)はいますか?
と荒木ファンのギャルズに声をかけられる。
なぜ、わたしに聞くんだ。
知らんよ。
でも、仕方がないので近くにいたサンスポの記者に、「荒木います?」と聞くと、
「そこでちょうど今投げてるよ」との答え。
その情報を荒木ファンギャルズに教えてあげると大興奮。
わたしは荒木といえば荒木大輔世代なので、わかんなくて、
「そんなにかっこいいの?」
とギャルズに聞くと、
「超かっこいいっすよ!ホラ!」と写真を見せてくれて。
まぁ、確かにさわやか好青年ではある。
とするとそこに練習を終えた荒木登場!
早速持ち前のしゃしゃりで「ツーショットお願いします!」と声をかけると、
「あ、ハイ」と荒木快諾。
ギャルズにカメラを渡し、撮って撮ってとお願いする。
その代わり、サインをしてもらえるよう誘導し、写真も撮ってあげる。
ギャルズには大変感謝され、わたしも良い気分で浦添を後に。
でも、元同僚(野球のプロ)には、「荒木・・・誰?」と言われ。
そんな新人だったのか。
今後の活躍に期待。

そのあとはまたさらに北上し、途中北谷に寄って観覧車に乗って、
名護のホテルにチェックイン。
最上階の良い部屋にアップグレードされてて、
オーシャンビューの景色を堪能しつつ、
ホテルからほど近い日ハムの選手行きつけのお店でご飯を食べて、
そこのご飯がまた劇的においしくて、
おかみさんとおしゃべりしたり、現地の子と友達になったり。

初日から沖縄満喫。沖縄っていい。
/ 06:30 / 旅行 / comments(0) / - /
いわゆるひとつの


髪染めました。
10月に仕事の関係で黒く染めてしまったので、
染まらないかなぁと思ってたけど、
いい感じに落ち着いた色になってくれました。

どうでもいいけど、チュートの徳井さんが髪明るくしたじゃないですか。
あれ見るとどうも伊澤さんとかぶって仕方ないのよね。
(まぁ、わっちの方がアッシュ系だしカッコいいけど!!)
あーーーーー、事変活動自粛、ショックだなぁ・・・・・・
Mステ楽しみにしてたのになぁ・・・・
シングルも・・アルバムとかツアーはどうなるのかなぁ・・・
公務執行妨害くらい、としちゃんじゃなくたってわたしだってしょっちゅうですよ!
まぁ、わたしは捕まる手前で引っ込むけどさぁ・・・
そういやこないだも目黒で・・(自主規制

ついでにネイルも久々にしてきました。手ね。手。
最近ずっと通ってるネイルサロンのお姉さんは本当に気が合うので楽しいです。
だって、ギャルなのに、ウッチャンのこと「チェン」って言ってたからね。
今時いる?
お姉さん「いやぁー、しかしはらいそさん色白くて羨ましいなー」
わたし「いやいや、まぁ、白いのはね。はい、ウッチャンかわたしかってゆう」
お姉さん「そんな!お笑い界のジャッキーチェンと張り合うくらいですか!」
これ、何。
ネイルサロンでの会話じゃないでしょ。

ということで、わたしは明日から沖縄に行ってまいります。
同行者が無免許なので、強制的にわたし(精神疾患者)が運転をします。
あんなに大好きだった車。
あんなに大好きだった運転。
でも、久々です。
正直不安すぎて死にそうです。
パニック止めの薬を大量に持参いたします。

2月の沖縄と言えば、そう、プロ野球のキャンプ!
ということで、取材に行っている元同僚や先輩たちから情報を得たりしていますが、
総括的に、
(1)今、沖縄は結構寒いらしい(風が冷たい)
(2)今、名護は佑ちゃんフィーバーで佑ちゃん渋滞が起きているらしい
(3)わたしの宿泊先→名護
(4)ちなみに滞在中、日ハムキャンプ初の紅白試合あり
(5)どうしよう。
って感じです。

あとこれもどうでもいい情報ですが、
宮沢和史は沖縄ではいつも「デイゴホテル」に泊まるそうで、
ディアマンテスの人に「好きねあんたも、デイゴホテル」と言われてますが、
わたしはまだデイゴホテルに泊まる勇気がありません。

というわけで、2泊3日ですが沖縄満喫するぞ!
そして壊れた(壊された)三線を買いなおすぞ!!

お土産ほしい人は日曜昼までに各自メールください。
以上。

/ 18:12 / 日々 / comments(0) / - /
440


今日は急遽近所のライブハウスにふらり行ってきました。
というのも、
伊澤氏(あっぱというバンドのボーカル兼鍵盤の人。および東京事変の鍵盤の人)
のツイッターで、「出るかも」的なツイートがなされていたので。
何度もいいますが、わたしはあっぱが、そして伊澤さんが大好きです。
しかも、そのライブハウス、うちから徒歩1分。
すごいね、さすが下北沢だね。
もう、これは行くしかないと。
かずとさん(あっぱのドラムの人)がいなかったので、「かずとさんは?」と、
演奏終わりの伊澤氏に聞いたら「仕事」と言われ・・・
そう、あのバンド、よく仕事で誰かいないことがよくある・・・
残念・・・
てゆうか伊澤さん、茶髪になってる・・・
ってゆうか伊澤さん、耳大丈夫なのかな・・・(調子悪いらしい)
ってゆうか伊澤さんのそのチェックのダッフルコート可愛すぎだから!!!
と、一人会場内で大興奮。
ちなみに今日は、羽場達彦さんという方の追悼ライブだったので、
まさかあっぱファンがいるとも思ってなかった伊澤氏はびっくりされておりました。
まぁ、そうよね。
でも、いいの。
下北の同居人は仕事でいないし、
一人休日を暇してる予定だったから本当に素敵な一日になりました。

ちなみに最近も最近で相変わらずです。
病院行ったり、カウンセリング行ったり、
お台場時代の同僚(本業・役者)の芝居を見に行ったり。
あと、三茶時代の先輩M氏とソウルセットのリリースパーティーに行き、
Mコネクションにて関係者席の絶好ポイントで音楽を堪能し・・・
(キョンキョンはやはり美しい!!)
あとは家で寝てるか、
黒田康作見てるか(超絶面白い)、
月9見てるか(なんというケータイ小説。でもわりと楽しい)、
爆笑問題のネタ番組(太田さんもウーチャカもやっぱり大好きだ!)見てるかです。
こうやってほんのり気ままに生活してると、
もうほんっとどんどんどんどん時間が過ぎてゆく。
怖い。
怖いね。
だからマジどうすんだって話。
/ 17:54 / 音楽 / comments(0) / - /
わたしはいつまで無職でいる気なんだろう


最近そんなことばかり思ってますが、
でも行動に移せない。それが今のわたくし。
どーすんだろ。

足ががさがさ過ぎたのでネイルサロンで綺麗にしてもらいました。
そのあと街をぶらぶらしていたらお台場時代の上司に遭遇!
世の中って狭いですね。

わたしは転職をたくさんしているせいか、
この捻くれ曲がった性格のわりには知り合いが結構いるなぁ、
と最近思うんです。
恵まれてます、よね。人生。
やっぱり、人生、人だよね。重要なのは。

三茶時代に、
「この世界は人でできてるからね、だからどんな失敗したって、
 人を大事にしていれば大丈夫だよ」
とあるえらい方に教えていただいてけど、
つくづくそのとおりだな、と思う。
それでも、知らないうちに人をたくさん傷つけたりしてるけど、
自意識のなかでは、ちゃんとしよう、と最近さらに思うのです。

それにしても、わたし、これからマジどうすんだろ。
/ 18:59 / 日々 / comments(0) / - /
ぼんやり


試練は引き続き続いていて、精神不安定状態続行中です。
わたし、人より遥かに精神不安定だから病院通って退職もしてんのに
これ以上不安定になってどうなっちゃうのかしら。
でも、わたし的にはやるべきことはもう終了しました。
あとは耐えるのみ。
後悔したってあとの祭りですからね。がんばります。
と言うと、A先輩が「女は潔いよね、男は女々しいから」。
そうかもね。
とは、思う。


下北沢の生活にも慣れてきて、
朝はいったん起きて、洗濯とかして、
そんでお昼食べたらお昼寝して、CXの再放送ドラマ見て、
で、出かける(買い物、等)が主なパターン。
完全主婦業。

少しでも早く、今よりも落ち着いた生活がしたい。
もっともっと、健やかな。
/ 17:09 / 日々 / comments(0) / - /
試練


私生活がものすごいことになっています。
すべてはわたしのミスです。
でもどうしようもなかった。
しかしそれにしても毎日が修羅場のようで友達にはドラマみたいだと笑われました。
ほんとにね。どうすりゃいいんだろ。
いっそ閉鎖病棟にでも入院して誰からも隔離されたいよ。

でも。なんとかします。わたしが全部いけないんだから。
/ 21:55 / 日々 / comments(0) / - /
1/109PAGES >>